【耳鳴り】

耳鳴りは普通に生活していても起こるものですが、耳の病気を患うと日常生活で偶発的に起こるものよりも強い耳鳴りが起こるようになります。
場合によっては頭痛やめまいを伴い、生活に支障をきたすことさえあります。
耳鳴りの種類や症状、原因などを解説していきます。

耳鳴りについて

耳鳴りは、病気そのものではなく「病気に伴う症状」の一つであるといえます。また、健康な人にも耳鳴りが起こることもあるため、耳鳴りを感じた場合は原因が病気であるかどうかを見極める必要があります。

耳鳴りの種類

耳鳴りは幾つかの種類に分類され、原因や症状が分類の目安となります。

生理的耳鳴り

生理的耳鳴りは、健康な人にも起こる耳鳴りのことです。静かな場所で過ごしている時やトンネルに入った時などに起こるのが代表的な生理的耳鳴りです。生理的耳鳴りは周囲の環境に原因があり、無音状態や気圧の変化が耳鳴りの原因になります。

病的耳鳴り

病気が原因で起こる耳鳴りのことを病的耳鳴りといいます。主に鼓膜のある中耳から三半規管がある内耳に掛けての病気や難聴が原因で発生します。耳の病気以外での原因としては、高血圧や動脈硬化などの血管の病気や甲状腺機能低下症などの首の病気があります。

自覚的耳鳴り

自覚的耳鳴りは、耳鳴りを感じている人だけにしか聴こえない耳鳴りです。生理的耳鳴りや病的耳鳴りの多くは、この自覚的耳鳴りに含まれます。

他覚的耳鳴り

他覚的耳鳴りは、自分だけでなく周りの人も聴き取ることが出来る耳鳴りです。他覚的耳鳴りの場合、耳鳴り独特の高い音ではなく「ゴボゴボ」「ゴリッ」などの低い音が聞こえるのが特徴です。他覚的耳鳴りの原因には、筋肉の痙攣や血管の拍動などがあります。

耳鳴りの特徴

耳鳴りは、「キーン」という高い音が聞こえてくるのが特徴といえます。生理的耳鳴りの場合、飛行機が通過するような一過性のもので後を引くことはありません。
しかし病的耳鳴りの場合は音が連続して聞こえる性質があり、音が重なって聴こえてくることもあります。病的耳鳴りはめまいや頭痛を伴うケースが多く、音のうるささも相まって辛く感じてしまうことも少なくありません。

耳鳴りの克服法

耳鳴りは様々な原因によって起こるため、これという決定的な治療法や予防法があるとは言いがたいものです。ここでは、耳鳴りを克服または改善するための方法を紹介します。

生理的耳鳴りの克服

多くの人が感じる生理的耳鳴りに、電車がトンネルに入った時や飛行機が浮上した時の耳鳴りがあります。この耳鳴りは周囲の気圧の変化によって発生するもので、耳の鼓膜が気圧の変化の影響を受けていることが原因です。この耳鳴りを改善するには、口を大きく開くのが効果的です。

他覚的耳鳴り・病的耳鳴りの改善

他覚的耳鳴りや病的耳鳴りの中には、血流が原因となって起こっているものがあります。耳鳴りを感じた場合は、蒸しタオルやカイロなどで首や耳の周辺を温めて血行を促進すると症状が改善されます。

上へ戻る