【めまい】

日差しが強い日などに立ちくらみを起こしたり、スイカ割りのように方向が判らなくなるまで回ったりすることで起こるめまいは、しばらくの間立ち上がれなくなるほど強烈なものです。
時には耳の病気によって引き起こされることもあります。
ここでは、耳の病気とめまいの関係などを紹介します。

めまいについて

めまいは視界や平衡感覚に歪みが生じる症状の総称です。状態としては「視界がぐるぐると回転したように目が回る」「左右に揺れて立っていられなくなる」「物が歪んで見える」などが挙げられます。

めまいの種類

めまいは医学的に、原因や症状の出方などによって四つに分類されます。

回転性めまい

回転性めまいは、自分の身体か地面が回転しているような錯覚を感じるめまいです。強烈なめまいと吐き気を感じるのが特徴で、その場で何回も回転することで体験できる平衡感覚の一時的な喪失と症状が似ています。

浮動性めまい

浮動性めまいはふわふわとした感覚を足に覚えるめまいです。症状が軽いときに起こりやすいめまいで、時には脳の病気が原因となることがあります。

立ちくらみ

立ちくらみは、視界が真っ暗になって意識が遠のく症状を見せるめまいの一種です。立ち上がった時などに起こりやすいため「起立性調整障害」とも言われ、子供に見られることが多い症状です。

動揺性めまい

動揺性めまいは浮動性めまいよりも強い症状を持つめまいで、足だけでなく頭や視界も左右に揺れる感覚を覚えるのが特徴です。まっすぐに歩くことも困難になるなどの症状が現れます。

めまいの原因

めまいの多くは、まっすぐに立って歩くための平衡感覚を司る内耳の三半規管と前庭神経の異常、もしくは三半規管からの情報を処理する脳の病気が原因となって起こります。つまり、めまいの原因には耳が大きく関わっているのです。
このような耳の病気が原因で起こるめまいを「末梢性めまい」、脳が原因で起こるめまいを「中枢性めまい」といいます。脳に原因がある中枢性めまいの場合、脳障害に繋がる恐れがあるので、できるだけ早く専門医の診察を受ける必要があります。

めまいの厄介なところ

多くの人が感じるめまいは、急に立ち上がるなどしたために脳に送られる血流の量が不足して起こる立ちくらみであるといえます。しかし立ちくらみ以外のめまいは、兆候なく現れることが多いのが難点であるといえます。そして、時間や場所を選ばずに起こることも厄介であるといえます。歩いている時や座っている時にめまいが起こるのであればまだしも、自動車などを運転している時にめまいが起きれば取り返しのつかない事態になる危険性があるからです。

めまいを予防するためには

日々の生活の中でめまいを予防するためには、「安静を保つこと」「ストレスを減らすこと」が重要になります。そして、規則正しい生活のリズムを守り、充分な睡眠と栄養バランスを考えた食事を摂ることがめまいの予防に繋がっていくのです。

上へ戻る