【難聴】

聴力の低下を伴う難聴は、誰にでも起こりうる耳の病気の一つといえます。
最近では若者の間で難聴が急増しているといわれており、より一層注意しなければならない病気となっています。
難聴はどのような原因で発症し、どのような症状を伴うのでしょうか?
難聴について解説していきます。

難聴について

音量が30db以下の音が聞こえにくくなる難聴は、誰もが発症する可能性がある病気の一つです。現代の日常生活の中では、発症の原因となる耳が痛くなるような大きな音を聞き取る場面が数多くあるため難聴は現代病の一つに数えられるといえます。

難聴の種類

難聴は、発祥する原因によって分類することが出来ます。

伝音性難聴

伝音性難聴は、外耳から中耳に掛けての部位に損傷が生じることで発生する難聴で中耳炎などの耳の病気が原因となって発症します。伝音性難聴は手術で治療することが可能ですが、手術の後遺症が大きくなりやすいのが難点といえます。

感音性難聴

感音性難聴は内耳や神経系に原因を持つ難聴のことです。感音性難聴は小さな音が聞こえにくくなるだけでなく、聴き取った言葉が別の言葉として脳に伝達されることがあるため複数人での会話がし難くなるなどの症状が現れます。

混合型難聴

混合型難聴は伝音性難聴と感音性難聴が入り混じった症状を持つ難聴です。

外傷性難聴

有名人が患ったことでその名が知られるようになった突発性難聴は、発症の原因がわからないという特徴を持った難聴です。症状はかなり重く、場合によっては聴力を完全に失ってしまうことがあります。突発性難聴の発症原因として考えられているのは、ストレスなどによる神経の失調やウィルスへの感染、血液循環の障害などが挙げられます。

難聴の悩み

耳の病気や騒音などが原因になって起こる難聴は、日常生活に様々な悩みをもたらします。人の話が聞こえづらくなり会話がストレスになってしまったり、テレビの音量を大きくすることで消費電力が増えてしまったりといった大小さまざまな悩みが発生します。難聴が進めば、完全に耳が聞こえなくなる恐れもあり精神的に疲弊してしまうことも少なくないのです。

難聴の予防・治療法

現在のところ、完全に難聴を治す方法はまだないようです。そのため、難聴を患った場合は原因となっている耳の病気を治療した上で、低下した聴力を補うために補聴器を装着するのが一般的な対処法となっています。現在の補聴器は、小型化が進み一見しただけではわからないほどに目立たなくなっているため、若い人にも抵抗が少ないものとなっています。
このような耳の病気が原因で起こるめまいを「末梢性めまい」、脳が原因で起こるめまいを「中枢難聴の予防対策としては、「ヘッドホンで音楽を聴く時は音量を小さめにする」「充分な睡眠時間をとる」などが挙げられます。

上へ戻る