【中耳炎】

中耳炎は耳の病気の中でも発症しやすい性質を持つ病気で、場合によっては難聴の原因にもなります。
多くの中耳炎は適切な治療を受ければ早期に完治するものですが、症状に気づかないまま放置しておくと多くの問題を引き起こしてしまうのです。
ここでは、中耳炎について解説していきます。

中耳炎について

中耳炎は鼓膜周辺の中耳に炎症が発生する耳の病気で、子供が発症しやすい病気でもあります。場合によっては伝音性難聴の原因にもなるため、注意が必要な耳の病気とも言えます。

中耳炎の種類

一般的に、中耳炎の分類は慢性化した中耳炎の症状によって行なわれています。発症の原因は多くなく、分類には関与しません。

急性中耳炎

急性中耳炎は、中耳に細菌やウィルスが侵入して感染し炎症を引き起こして発生する病気です。一般的に言われる「中耳炎」は、この急性中耳炎を指していることがほとんどです。急性中耳炎は、抵抗力の弱い子供によく見られます。

慢性中耳炎

慢性中耳炎は、発症した急性中耳炎が慢性化した中耳炎です。慢性中耳炎は、鼓膜に穴が開く鼓膜穿孔を引き起こすため耳垂れを伴い、耳鳴りや難聴などの諸症状を引き起こすのが特徴といえます。

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎は、炎症を起こした組織からしみ出た滲出液が鼓膜の奥に蓄積されている状態の中耳炎です。溜まった液体が音の伝達を阻害して、難聴のような症状を引き起こすことがあります。

真珠腫性中耳炎

真珠腫性中耳炎は中耳炎を繰り返した中耳の組織が増殖して「真珠腫」と呼ばれる肉芽を形成し、耳の骨を破壊する症状が特徴の中耳炎です。場合によっては神経を圧迫して顔面麻痺や難聴を引き起こす恐れがあります。

中耳炎の悩み

中耳炎は、耳への細菌やウィルスの侵入によって引き起こされます。そのため、中耳炎患者は二次感染を防止するために夏の暑い時期であってもプールや海で泳ぐことを禁じられます。発症後は正しく対処しなければ、慢性中耳炎に発展してしまう恐れもあります。

中耳炎の治療法

急性中耳炎の段階であれば、抗生物質の投与で充分に対処できます。鼓膜奥に腫れが見られる場合は鼓膜を切開して抗生物質を投与します。

慢性中耳炎の治療

慢性中耳炎の場合も抗生物質の投与で治療していきますが、耳垂れの吸引除去を行なった上で治療していきます。鼓膜に穿孔が見られる場合は鼓膜の再建手術を行なって治療する必要があります。

真珠腫性中耳炎の治療

真珠腫性中耳炎の治療では、必ず外科手術で真珠腫を切除しなければなりません。真珠腫を切除した後は真珠腫で押しつぶされた耳の骨の再建手術を行ないます。

滲出性中耳炎の治療

滲出性中耳炎の場合は、鼓膜奥の内耳に溜まった滲出液を排出する必要があります。滲出液によるうっ血を緩和するためのうっ血除去薬を投与して内耳へ空気を通しやすくします。その後は鼓膜を切開してチューブを留置して滲出液を排出させて、中耳炎の治療を行ないます。

上へ戻る