【その他の耳の病気】

耳に起こる病気は、原因がはっきりしたものから原因が特定できていないもの、感染症から外傷性のものなど様々な性質を持っています。
一般には中耳炎やメニエール病など、症例数の多い病気が知られていますが、それ以外にも多くの耳の病気が存在しているのです。
ここでは、そういったその他の耳の病気を紹介していきます。

耳に起こる病気の様々

耳に起こる病気は、中耳炎やメニエール病のように早急な治療が必要なものに目が行ってしまい、それ以外の病気を見過ごしがちになります。では、耳の病気にはどのようなものがあるのでしょうか?

外耳道湿疹

外耳道湿疹は、アレルギーなどが原因になり耳の穴から鼓膜までの外耳道に湿疹が生じる病気です。耳かきのしすぎで出来た傷や、中耳炎で生じた耳垂れが原因になることもあります。有効な治療法としては、抗ヒスタミン剤やステロイド剤などの痒み止めの投与と耳かきなどで外耳道をいじらないよう徹底することが挙げられます。

外傷性鼓膜穿孔

外傷性鼓膜穿孔は、衝撃などを受けることで鼓膜が破れてしまう耳の病気です。鼓膜は太鼓のように枠に膜が覆いかぶさる構造になっているため、強すぎる衝撃や大きな音を受けると破けてしまうのです。
外傷性鼓膜穿孔は、程度が小さければ自然治癒で完治しますが場合によっては鼓室形成手術を行なって鼓膜を修復します。

耳管狭窄症

耳管狭窄症は、気圧の変化などが原因で耳管が狭まって詰まってしまう現象です。一般的には素潜りや飛行機の上昇時、列車でトンネルに入った時などに発生します。対処法としては、「口を大きく開く」「唾を飲み込む」「鼻を摘まんで耳に空気を通す」などの方法があります。また、風邪などの鼻炎が原因で発症することもあるため風邪を引いた場合には注意が必要です。

前庭神経炎

前庭神経炎は、内耳にある前庭神経に炎症が起こることでめまいが起きる耳の病気です。強いめまいを伴いますが、耳鳴りや難聴が一切起こらないのが特徴といえます。原因としてはウィルスの感染による炎症が疑われます。治療法としては対症療法と安静にすることが重要で、経過が順調ならば1週間ほどで回復します。

心因性難聴

心因性難聴は、器質的な原因が見られないのにも関わらず難聴の症状が現れる耳の病気です。原因は精神的なもので、強いストレスなどが挙げられます。最近では学校に通っている子供に多く見られることが問題視されています。治療法としては、発症原因となっているストレスを発生させている問題の解決と、患者を病人扱いしないことで精神的な負担を和らげることが重要になります。

耳介軟骨膜炎

耳介には固い骨が無く、全て軟骨で形成されています。耳介軟骨膜炎は、耳介の軟骨を覆う骨膜が炎症を起こす病気です。原因としては、虫刺されなどの外傷やピアス穴を開けることによる機械的刺激などがあります。治療法としては抗生物質の投与と患部の冷却が挙げられます。

上へ戻る